開発

その他

住友不動産/都心再開発2大マンション販売へ

 東京都心で2つの大規模マンションの販売が始まる。住友不動産が手掛けているJR線大崎駅前の「大崎ウエストシティタワーズ」と、三田1丁目の「シティタワーズ麻布十番」だ。大崎ウエストは総戸数1084戸、麻布十番は総戸数500戸を供給する。それぞれ約2400人と、約1300人が住まうことを想定している。マンション販売がふるわない市況の中でも都心の再開発物件の希少性の高さを訴え、「供給過剰感は影響しない。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年7月14日