行政

その他

国土交通省/査定マニュアル改訂へ/ストック時代に対応強化

 国土交通省と(財)不動産流通近代化センターは、不動産取引の評価額算定のモデルとなる「価格査定マニュアル」を改訂する方針を決めた。1980年の宅建業法改正により媒介契約制度が施行されたことに伴い整備され、3度の改訂を行っているが、現行のマニュアルは理解しづらいとの指摘があることや、ストック活用の流れの中で、価格査定の充実を促す。  国土交通省の流通市場研究会が先にまとめた中間報告では、告知書の内容 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年7月14日