賃貸管理

1面トップ

効果的な改築で賃貸空室解消を/オーナー説得を急げ カギはコンサルティング力強化

 最近、賃貸住宅の入居率低下が深刻になっている。とくに築10年以上経った物件や駅から徒歩10分以上の物件は非常に厳しい。それまでも決してすべてが常時満室という訳ではなかったが、ここ7年ほどの賃貸住宅大量供給により、入居者の選別基準が高くなっているからだ。そこで対策として考えられるのが、入居者にとって魅力的な物件に仕立て直すこと。オーナーの理解を得るのは難しいが、何もしなければ空室率は上がる一方。管 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年7月14日