その他

連載

先端を読む(60)/住宅ジャーナリスト・櫻井 幸雄の現場レポート/バス便立地でも高人気の物件 「実物」から感じた3つの驚き/自前バスの利便性も背景に

 バス便立地でありながら、好調に売れたマンションを見てきた。マクハリタマゴの愛称をもつコロンブスシティだ。  分譲住宅の取材というと、分譲開始時点で行うことが多く、「実物を見ないで評論する」ことになりがち。それでも大きな間違いはないと自負しているのだが、実際に竣工し、生活が始まった「実物」をみると、ああ、こうなっているのかと驚かされることが少なくない。  竣工したコロンブスシティでは少なくとも3つ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年7月7日