不動産証券化

その他

クリード/最終利益が前期比40%減

 クリードは、08年5月期の最終連結利益が昨年7月に公表した56億円から前期比40%減の28億円に半減する見込みだと発表した。昨年公表時は前期比21%の増益だった。サブプライムローン問題による金融市場の混乱によってドイツで予定していたファンドの組成を断念したほか、国内でも不動産価格の低迷が響き、売却益の減少や保有物件の一部で評価減による特別損失を計上するため。売上高は20億円上振れるものの、営業利 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年7月7日