賃貸管理

少額短期保険制度本格始動から3カ月 業界団体が統合で合意/公益法人への移行も検討

 4月から少額短期保険業者としての活動が本格的に開始され3カ月経過し、業界としての整備が急がれている。その流れを具現化した動きでは、業界団体2団体が統合することで合意。NPO日本少額短期保険業協会が存続団体となり、同業界の発展のための活動に取り組む。同協会の倉田武会長は業界の基盤を早急に確立することが重要だと語る。  今年3月で少額短期保険業者への移行は原則終了したが、経過措置として今年度中の登録 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年7月7日