団体, ハウス・住設

その他

住宅部材 標準化へ「第一歩」/関連大手21社が協議会設立 住宅本体の長寿命化に対応

 7月1日、住宅部材の規格標準化を目的に「長期使用住宅部材標準化協議会」(長住協)が発足した。住宅メーカー11社、住宅設備メーカー5社、サッシメーカー5社の住宅関連大手21社が参画。住宅部材のメンテナンス性向上を図ることで住宅の建物だけでなく部材も長期使用に耐えうるようにするほか、強まるコストダウン圧力に対応する。 ■コストダウンへ業界連携  東京・赤坂見附のグランドプリンスホテル赤坂で行われ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年7月7日