不動産証券化

その他

Jリート/相次ぎ物件取得中止 調達難で取得能力低下

 予定していた不動産取得の中止に追い込まれるJリートが増えている。投資口の発行によるエクイティの調達額が見込みに届かなかったり、銀行からのデット調達にメドが立たなかったりしているためで、思うように外部成長が進まなくなっている。6月には大和ハウス工業のJリートが上場中止に追い込まれたばかり。最大の不動産購入者だったJリートの取得能力が衰えることで、不動産市場に影響を与える可能性もある。  産業ファン ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年7月7日