開発

連載

総合力を追う 検証 成長戦略(4)/野村不動産/新浦安で新たに550戸取得 好調なファンド向け賃貸

 野村不動産は、大手不動産会社の中ではマンション分譲と不動産私募ファンドのウエートが高いのが特徴だ。住宅事業と資産運用・開発事業の2本柱。このツートップで事業ポートフォリオの約70%を占め、ビル事業は常に15%程度のイメージを持って取り組んでいる。ビル事業のウエートの高い大手総合不動産会社と一線を画したビジネス戦略を展開する。  前期(08年3月期)を振り返れば、住宅事業は、第4クォーターに粗利が ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年6月30日