行政

その他

消費者庁設置へ 計画を閣議決定

 「消費者行政推進基本計画」は27日に閣議決定した。消費者・生活者の視点に立った行政への転換を掲げ、消費者庁の設置と、一元的な相談窓口の全国ネットワークを構築することが柱。  内閣府では、来年度の消費者庁創設に向けて、設置法案などを臨時国会に提出すべく準備を本格化させる。  住宅・不動産関連では、住宅品確法、宅建業法の一部が消費者庁に移管され、共管となる。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年6月30日