行政

その他

国交省/資金流入へ研究会設置/不動産投資市場を活性化

 国土交通省は25日、「不動産投資市場研究会」(座長・前川俊一明海大学教授)の第一回の会合を開いた。  不動産投資市場に国内外の長期安定した資金を呼び込むことが、優良な不動産ストックを長期にわたって維持形成し、また不稼働不動産の有効な利用につながるとの観点から、学識者らで研究会をを組織し、資金を流入させるための方策を検討する。  国土交通省は、日本の不動産投資市場は拡大を続け、特に不動産証券化の実 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年6月30日