行政

その他

東京都の改正環境条例が成立/建物の省エネ、大幅強化 CO2排出を総量規制

 「都民の健康と安全を確保する環境に関する条例一部改正案」(改正環境確保条例)が25日、都議会本会議で可決、成立した。東京都内の大規模事業所にCO2の排出削減を義務付け、排出量の取引制度も設けるることが特徴だ。全国で初めて、事業所にCO2削減を義務付けことに注目が集まるが、都市開発や建築物の環境規制も、大幅に強化される。 ■事業所にCO2の排出削減を義務付け  対象は、原油換算で年1500キロ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年6月30日