開発, ハウス・住設

1面トップ

資材高騰 影響広がる/吸収しきれず利益圧迫

 建設資材の高騰が止まらない。建設物価調査会によると、H型鋼をはじめとした鋼材の6月価格は1年前と比べて6割上昇し、今後も続騰する見通しだ。マンションの建設費も大幅に上昇。住宅メーカーも資材の調達負担が利益を下押しする。あの手この手でコストダウンを図る住宅供給者側の間では、「内部努力による吸収は限界」という声が日増しに大きくなってきた。一部では消費者への価格転嫁を検討する動きが出始めているものの、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年6月30日