不動産証券化

その他

住宅ローン証券が減少/金利の上昇感弱まる 国内景気が鍵を握る

■ムーディーズ分析  過去5~6年の間に急成長を遂げた日本の住宅ローン証券(RMBS)市場が調整局面を迎えている。ムーディーズ・ジャパンが2007年のRMBS市場で新規に格付けを付与した取引総額は約3.9兆円で、06年の5.7兆円に対して3割の減少だった。住宅金融支援機構の発行が前年の2.5兆円に対し2兆円の減少にとどまったものの、民間のRMBSが前年の3.2兆円から1.9兆円と大幅に減少した。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年2月25日