その他

連載

金融商品取引法・不動産業界への影響(18)/弁護士・田村 幸太郎/「リスク管理」に実態とズレも/17、投資運用業者の行為義務

[1]投資運用業者の行為義務  投資運用業者も他の金融商品取引業者と同様に、金融商品取引契約の締結前に顧客に書面を交付することなど各種行為義務を負っているが、金商法42条以下に特則がある。  42条では、投資一任契約の相手方や自己運用業を行う場合の出資者に対して忠実義務及び善良な管理者としての注意義務を負うことを規定している。  42条の2では、ファンド間売買の禁止などの各種禁止行為を規定してい ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年2月25日