行政

その他

国土審分科会/特殊土壌対策に新視点/第12次事業計画を了承

 国土審議会特殊土壌地帯対策分科会(分科会長=森地茂・政策研究大学院大学教授)は18日、第4回会合を開き、「特殊土壌地帯対策事業計画(第12次)」案を了承した。同計画では、地域コミュニティ機能の強化など新たな4つの視点が、第11次計画に加えられ、まとめられている。  特殊土壌地帯対策は、「特殊土壌地帯災害防除及び振興臨時措置法」が昨年3月改正され、5年間延長されることが決定した。同分科会は、この法 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年2月25日