行政

その他

農住組合/制度は評価受ける/〝全員合意〟緩和の声も

 国土交通省は22日、第2回「農住組合制度のあり方検討委員会」(座長=大村謙二郎・筑波大学社会工学系教授)開催し、同制度の実務担当者による意見交換会の内容と「市街化区域内農地及び農住組合制度に関するアンケート」調査結果を報告した。  実務担当者による意見交換会には、JAグループ、自治体の各担当者とオブザーバーとして農林水産省など行政の担当者が参加。その会で出された意見では、制度に対して「農地所有者 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年2月25日