行政

その他

第2回IDEDI研究会/国内外の整備状況検討/海外3団体の現状など研究

 国土交通省は2月22日、不動産IDとEDIの整備を検討する第2回「不動産ID・EDI研究会」(座長=浅見泰司・東京大学空間情報科学研究センター副センター長)を開き、不動産市場におけるIT関連技術の活用状況や、国内外のID・EDI整備状況などを検討した。  研究会では、海外の不動産EDIに関する取り組みとして、米国・英国を拠点に不動産EDIの標準化を推進しているOSCREと米国を拠点に活動している ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年2月25日