その他

特集

ジョイント・ファイナンス/開発案件に積極融資/事業者目線で査定/保証事業も強化へ

 ジョイント・ファイナンス(東京都目黒区、内藤俊章代表)は、開発案件への融資を積極化する。サブプライム問題による信用収縮などで貸し手不在が叫ばれる不動産市場だが、同社ではこの状況を最大のビジネスチャンスと捉える。物件担保価値さえ見極められれば十分に利益が取れるとの判断だ。融資保証も強化。デベロッパーやゼネコン、ファンドなどに重点的に営業を仕掛ける。  金融商品取引法が邦銀の不動産向け融資姿勢をさら ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年2月18日