ハウス・住設

その他

来場者調査/展示場の活用度契約直前は低下/住宅生産振興財団・展示場協議会

 住宅生産振興財団と住宅展示場協議会が総合展示場に来場した712組に主に利用する情報収集ルートを聞いたところ、展示場を中心に情報を得ている消費者が過半の6割にのぼる一方、漠然とした計画段階から契約直前段階まで購入計画が具体化すればするほど展示場の活用割合や展示場に対する評価が下がり、営業マンから得る情報への依存度が高まるという結果になった。  利用した情報のうち、とくに役立ったと評価する情報も、計 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年2月18日