行政

その他

環境部会合同会議/自主行動計画を調査/5%削減(不動協)など報告

 社会資本整備審議会と交通政策審議会の環境部会による合同会議が14日開かれ、関係業界の自主行動計画フォローアップについて報告されたほか、地球温暖化対策の長期課題を検討した。フォローアップの中で、住宅・不動産に関連する団体として(社)不動産協会が行動計画の現状などを報告。数値目標として、床面積当たりのエネルギー消費原単位を90年水準より5%下回る目標を検討していることを明らかにした。  同合同会議は ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年2月18日