ハウス・住設

その他

第3四半期/戸建て受注依然低調/5社が前年割れ 来期業績に影響も

 住宅メーカー各社の07年度第3四半期決算(4~12月、積水ハウスのみ2~10月)が出そろった。昨年前半に顕著だった住宅需要の冷え込みに変化は見られず、住宅請負受注額(戸建てと集合との請負合計)は10~12月の健闘によって中間期までの前年割れを取り返した旭化成ホームズと三井ホームに、賃貸マンションなどの受注が好調だった大和ハウス工業を除く5社が前年同期を1~5%下回った。中間期に続いて通期の受注見 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年2月18日