開発

その他

大手不動産第3四半期/軒並み増収増益に/引き続き賃貸事業が牽引

 大手総合不動産の2008年3月期第3四半期連結決算が出そろった。「前期が良すぎた」(木村恵司社長)三菱地所を除く全社が売上高、営業利益、経常利益、当期純利益の全てを増やした。住宅販売事業では減収となった企業もあるが、今期も引き続きビルなど賃貸事業が牽引役となった。  企業別の賃貸事業を見ると、三井不動産は売上高3448億3400万円で前年同期比528億9100万円の増収となった。営業利益も676 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年2月18日