ハウス・住設

その他

住宅時評・トレンドを斬る(497)/ハウジングライター・藤原 利彦/本格化する建物評価の適正化/買取保証や買取再生/家歴書つくり50年保証も

 時代が動き始めた。「200年住宅ビジョン」が契機となって住宅業界に新しい流れが生れつつある。その1つが建物評価適正化へのトライだ。自然派個性住宅ビッグフットブランドで展開するアールシーコアは50年のメンテナンスプログラム、家歴書の作成による、戸建て分譲住宅の買取保証に踏み切る。街の景観を50年のメンテナンスで価値創造し、究極の付加価値としての買取保証を打ち出すもの。3月に販売する「BESS街区美 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年2月11日