行政

その他

景観形成を英国に学ぶ/建築のあり方検討委員会

 国土交通省の「良好な景観形成のための建築のあり方検討委員会」(座長=山本理顕建築家・横浜国立大学教授)は2月6日、英国の建築都市環境委員会(CABE=ケーブ)のリチャード・シモンズ=チーフ・エグゼクティブディレクターを講師に招き、同国の建築物や景観に対する取り組みなどを聴いた。「建築を通じた良好な景観形成に向けた提言」(同委員会報告書)とりまとめなどの参考にする意向。  シモンズ氏は、ケーブの活 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年2月11日