開発

その他

住友不動産・小野寺社長ビル経営センターで講演/今後3年で26棟を竣工予定 キーワードは「近・新・大」

 住友不動産の小野寺研一社長は5日、(財)日本ビルヂング経営センターの新春特別研究セミナーで基調講演を行った。ビル事業に長年携わった小野寺社長は自社のビル開発のキーワードを「近・新・大」と説明。所有ビルのほとんどは都心で、築10年以内、ほぼ全て大型ビルとのこと。また昨年度末時点での所有ビルの約7割が再開発型での開発だと語った。現在推進中の「第三次成長3ヵ年計画」で26棟・19万坪を竣工させるとして ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年2月11日