行政

その他

流通市場研 情報提供方法も/重説の合理化を討議

 不動産流通のあり方を検討する「流通市場研究会」(座長=中川雅之・日本大学経済学部教授)が6日開かれ、重要事項説明制度の合理化などについて討議した。消費者保護のための課題を、流通市場を俯瞰する視点で議論。その一環として、宅地建物取引業者には説明義務の量的増加や質的高度化が求められている重要事項説明の方向性を論じた。  同日の研究会では、これまでの議論を踏まえ、(1)重要事項説明制度の合理化(2)イ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年2月11日