不動産証券化

連載

時流潮流・不動産ファンド/(3)私募の再編・淘汰/運用の優良物件取得に差/資金調達力で明暗分ける

 不動産私募ファンド会社の株式市場における評価が急落している。米国の信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題の影響に加え、先月10日にアセット・マネジャーズ(ASSET)が今期(08年2月期)の連結業績が大幅に減益になると発表したことで下落に拍車をかけた。アセットは、サブプライムローン問題によって、物件の売却先だった新興の不動産ファンド会社にメザニンローンがつかずに売却できなかったの ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年2月4日