ハウス・住設

連載

住宅時評 トレンドを斬る(496)/ハウジングライター・藤原 利彦/環境先進押し出す住友林業/国産材利用を本格化/費者イベントも強化

 地球環境への関心が強まる中、住友林業は環境先進性での差別化を展開する。昨年初めて行った一般ユーザーや学生を対象にしたイベント「サステナブルフォレストギャラリー」を今年は六本木ヒルズで1月15~21日まで開催した。  同社は山林経営から住宅建設まで行っており、事業そのものがサステナブル。環境に優しい企業にもかかわらず、企業イメージ調査ではそのことが認知されていなかった。住友の社名から「信用・信頼」 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年2月4日