その他

連載

先端を読む(39)/住宅ジャーナリスト・櫻井 幸雄の現場レポート/マンションの収納/増やしすぎは意味がない/面積の5~8%が一般的

 このところ、首都圏各地、そして札幌や名古屋、福岡など全国のマンションを見ていて強く感じることがある。それは、マンションの収納に関することだ。  マンションの収納を増やそうという動きが出たのは、平成に入った頃のこと。ウォークインクローゼットのブームが起き、マンション内の収納スペースは飛躍的に増えた。  それまでのマンションは、専有面積の5%程度を収納にあてることが多かった。これに対し、10%以上、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年2月4日