その他

その他

京都地裁「更新料返還請求訴訟」の判決について/寄稿/ことぶき法律事務所 弁護士・尋木 浩司/賃貸人側には“一安心”の判決

 2008年1月30日、京都地方裁判所において、大きな注目を集めていた「更新料返還請求訴訟」(以下「本件訴訟」といいます)の判決が出されました。事案は、賃借人が、マンションの家主に対し、消費者契約法(及び民法90条)に違反すると主張して、従前支払っていた更新料など総額55万5000円の返還を求めたというものでした。京都地裁は、更新料は1年間の賃料の一部前払いにあたると指摘したうえで、更新料の支払条 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年2月4日