不動産流通・売買・仲介

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(683)/ワイズ不動産投資顧問・山田 純男/開札前の取下げ物件/戸越駅徒歩4分のビル 入札24本が4本に

 今年最初の開札は開札前の取下げ物件が6物件ほどあったこともあり、対象物件が少な目であった。今年は東京地裁の開札回数は昨年比4回減の26回が予定されるが、今回のような対象物件数が今年の平均となれば、年間を通じて1200物件程度となり、昨年より600物件もの大幅減になることも予想される。今年も昨年に引き続き競売市場が収縮しそうだ。  また、昨年に引き続き、大型物件が少ないことも予想される。そんななか ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年2月4日