その他

余滴

【余滴】

 昨年発売された竹井隆人氏の「集合住宅と日本人」(平凡社)を読まれた方も多いのではないだろうか。竹井氏は住宅金融支援機構の職員として数多くのマンション建て替えやコーポラティブハウスの企画・実現に携わり、多くの分譲物件に導入されるようになったセキュリティータウンをいち早く日本に紹介した研究者である。専門は政治学。同書は政治学の視点からまちづくりを読み解いた初めての論考として新聞の書評欄にも大きく取り ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年2月4日