不動産証券化

その他

ムーディーズ/07年の証券化商品/前年比30%減の6兆円/RMBSの減少が響く

 ムーディーズ・インベスターズ・サービスは1月28日、同社が格付けを付与した日本の証券化商品は前年比約30%減の総額約6兆円だったと発表した。CMBS(商業用不動産担保ローン証券)の格付け金額が大幅に増加した一方、ABS(資産担保証券)、CDO(債務担保証券)、RMBS(住宅ローン担保証券)の格付け金額は減少。ABSは前年度比約54%の減少となったものの、06年に実施した大型の事業証券化案件の影響 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年2月4日