賃貸管理, その他

1面トップ

京都地裁判決「更新料は妥当」/問われる賃貸一時金のあり方

 賃貸借契約の更新料が消費者契約法などに違反しているとして京都地裁で争われていた「京都更新料返還訴訟」(池田光宏裁判長)の判決が1月30日言い渡され、借主である原告の訴えが棄却された。全国の賃貸住宅業界関係者から注目を集めていた裁判だったが、判決では更新料を賃料の一部と認め、その契約に妥当性があるとした。業界の主張を全面的に認めた内容となった。万が一同訴訟で貸主側が敗れるようなことがあれば、国内の ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2008年2月4日