その他

連載

住宅・不動産業界 eco最前線(8)/スケルトン・インフィル(上)/コスト高が普及の妨げに/建物「長寿命化の要」

 環境への負荷を減らすためには、建物を長期にわたり利用すればよい。自民党・政務調査会住宅土地調査会が今年5月にまとめた「200年住宅ビジョン」では、50年に1回建て替える従来の住宅と比べた場合に、年間で約1000万トンの産業廃棄物が削減できると試算している。長寿命化のキーワードの一つが“スケルトン・インフィル”工法の採用だ。 ■採用企業も徐々に増加  東京の郊外。私鉄電車の駅からほど近いところ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年12月3日