開発

その他

セントラル総合開発/年間供給二千戸へ/名古屋エリア進出も検討

 セントラル総合開発は年間供給2000戸体制を目指す。今年、初の供給1500戸達成が確実となり、来年については1800戸の供給がほぼ確実となっている。今後は年間マンション供給2000戸体制を目指し、首都圏、大阪、仙台、その他地域での供給に加え、名古屋で供給を検討する。さらに土地価格や施工費の上昇などで低下が見込まれる利益率を上げるため、都心部での供給にも力を入れる。  セントラル総合開発は昨年12 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年11月26日