不動産証券化

その他

時流/不動産の事業環境/人口減少が影を落とす/各社模索 主戦場を生き抜く技

 不動産業界に明るい未来はあるのか。自動車、鉄鋼、総合商社といった海外マーケットで戦える業態ならば、日本市場が頭打ちになってもBRICs(ブラジル・ロシア・インド・中国)など、高度成長が見込める新興国への投資で企業の成長を図ることができるが、日本のマーケットを主戦場にする不動産業界にとっては厳しいと見る向きは多い。ストック産業的な側面の強い不動産業界の長期展望には人口の減少が影を落とす。現段階では ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年11月26日