分譲

その他

改正建基法 都内の事業者に打撃/影響が深刻に/集合、戸建とも大幅減少

 改正建築基準法の影響で、全国の住宅着工戸数が大幅に落ち込んでいる。とくに東京都は、今回の改正で最も影響を受けるマンションの全国シェアが25%(2006年度)を占め、しかもマンション専業デベロッパーが多いため、影響が深刻だ。改正後に確認申請が1件も下りていない業者も多く、大臣認定プログラムが完成するといわれる年末までは厳しい状況が続きそうだ。また戸建てについても3階建てが多い地域柄、全国に比べて大 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年11月26日