行政

その他

社会資本審省エネ部会/2千m2未満も届出検討/住宅・建築物の省エネ性能

 社会資本整備審議会建築分科会住宅・建築物省エネルギー部会(部会長=村上周三・慶應義塾大学理工学部教授)は19日、第3回会合を開き、次回のとりまとめへ向けた論点整理を行った。論点整理では、省エネ対策の一環として規制強化手法である省エネ性能の届出義務の範囲の拡大などが検討された。合わせて、既存ストックには、省エネ改修を促進するインセンティブが必要だとの考えが示された。  同会合では、住宅・建築物の省 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年11月26日