開発, 分譲

1面トップ

不動産各社 中間決算/業績好調続く/半数以上が売上2ケタ増

 不動産・分譲各社の2008年3月期の中間決算が、ほぼ出そろった。景気の拡大や土地価格の上昇などの流れを受け、多くの企業が業績を伸ばした。特に大手総合不動産各社は、ビル事業の空室率改善や好調な分譲事業などで好決算が続いている。一方、分譲各社は減収や減益も目立ち始めた。引き渡し時期の下期への集中や、事業計画に基づき供給量を抑えた企業も多いが、郊外物件を中心に販売の長期化も始まっているようだ。 ■総 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年11月26日