その他

連載

新しい時代の賢い相続対策(31)/タクトコンサルティング代表・本郷 尚/貸付金や保証人引受けにも決着を

■生前の解決がポイント  「頼まれたので断れなかった」とつい気を許してしまった。他人にお金を貸してしまった。貸しただけなら出してお金の範囲済んだものの「事業に参加してくれ、名前だけでもいいから…」と言葉巧みに誘われて他人の保証人になり、さらには自分の不動産を担保提供してしまったーー。  貸付金や保証人、担保提供したものについては、専門家に相談して早期に決着をつけることです。未練は捨てて損害が増えな ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年11月26日