その他

その他

2007年 米国不動産動向を探る/奥田 “サム”貞沖/08年の米市場を予想/下落基調からの早期回復も

 米国の住宅不動産市場は2006年を基点に下落に転じ始めた。そして、今年8月に発覚したサブプライム・ローン問題では、当初の予想をはるかに上回る金融機関での巨額損失が続いており、深刻さが浮き彫りとなっている。米国経済が急速にグローバル化する中で、本来の住宅ローン債権が証券化商品として、世界の金融市場へ拡散していると同時に、2000年以降続いた米国の住宅バブルを改めて露呈した格好だ。  去る10月中旬 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年11月26日