その他

連載

海老沼の視点 不動産トピックス(85)/困惑 進歩と停滞/古いモノも新しく感じる

 横溝正史の作品が好きです。名探偵金田一耕助が登場して事件を解決する推理小説がメーンです。有名な作品では「犬神家の一族」「八墓村」「悪魔の手毬唄」等があります。なぜ、これが好きか?ということですが、何十年も経過して何回か読んでも、不気味さが、いつでも変わらないからです。昭和初期の田舎と朽ち果てたような木造家屋、舗装されていない道、こんなイメージが沸いてきます。  しかし、現代では通用しないトリック ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年11月26日