団体

その他

不動産健保/健診受診率70%と高水準

 東京不動産業健康保険組合がまとめた昨年度の被保険者の人間ドックや生活習慣病健診の受診数は、約4万3000人で被保険者の70%と高い水準にあることが分かった。神津和夫理事長は「被保険者の受診率は高い水準にあると言えるが、事業主ごとに見ていくとばらつきがある。とくに従業員50人未満の事業所の受診率が低い。組合としては70%という数字に満足せず、さらに受診率を上げていきたい」としている。  一方で被扶 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年11月26日