ハウス・住設

その他

大和ハウス/戸建て 新工法開発へ/コスト減で利益体質構築

 大和ハウス工業は、25年ぶりの新工法を採用して昨年発売した戸建住宅「ジーヴォ」の競争力をさらに引き上げるため、2~3年後の実用化をメドに新たな工法の開発に着手したことを明らかにした。環境対応や安全につながる性能の向上を目指すとともに、生産工場と施工現場それぞれのコストダウンを可能にする構造躯体や施工方法を開発する。外張り断熱通気外壁を標準採用したジーヴォの販売は好調だが、資材価格や人件費の高止ま ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年11月19日