分譲

その他

三井不動産 8haの大規模開発/浜田山で522戸/既存1100本を移植

 三井不動産レジデンシャルは開発面積約8.3ヘクタールの大規模住宅開発「パークシティ浜田山」(マンション522戸など)を推進、23日にC棟・111戸の販売を開始する。三井グループが70年にわたり育んできた通称「三井の森」の庭園風景を継承する事業で、2000本以上の樹木を移植・植樹する。  「パークシティ浜田山」(杉並区高井戸東、京王井の頭線浜田山駅徒歩3分)は1936年に開場し、三井グループの福利 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年11月19日