不動産流通・売買・仲介

その他

三井不動産販売・佐藤 実社長に聞く/“蓄積”生かし継続的成長/新築マンション供給動向を注視

 三井不動産販売の佐藤実社長は、現在の市場について「価格上昇の影響により売り主と購入者の期待価格に乖離が広がった。マッチングに時間がかかっている」と分析する。さらに今後は、未供給在庫の動向も含めた、新築マンション供給の動きが中古市場にどう影響を与えるかがポイントになるという見方を示した。今年度上期には1977年以来の累積の仲介件数が50万件を突破。全事業を通じて、これまでに蓄積されたノウハウを生か ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年11月19日