行政

その他

内閣府/PFIで3つの柱を提示/官民対等を実現・使いやすい制度に・成果を素早く現場へ/推進委が報告

 内閣府・民間資金等活用事業推進委員会(PFI推進委員会、委員長=森下洋一・松下電器産業相談役)は15日、「PFI推進委員会報告-真の意味の官民パートナーシップ(官民連携)に向けて-」をまとめた。同報告書は、今後のあるべきPFI(プライベート・ファイナンス・イニシアティブ)の展開方法や効率的に活用するための課題などを提言。内容では大きな方向性として(1)官民の対等なパートナーシップの実現(2)使い ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年11月19日