不動産証券化

1面トップ

J-REIT各社格付け取得の狙い/資金確保とプランド構築/経営の方向性が取得に重要

 世界経済を揺さぶるサブプライムローン(米国の信用力の低い個人向け住宅融資)問題。日本の金融市場を再び直撃。サブプライムローンの焦げ付きは欧米の金融機関で巨額な損失を計上し、日本の金融機関でも損失を出す事態に陥っている。住宅ローン担保証券(RMBS)を束ねたCDO(債務担保証券)などの価格が暴落したのが同問題の発端だが、これら証券化商品に対しての信用裏付けとなる格付けが甘かったという指摘も噴出して ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年11月19日